独立FPの開業を支援します

実務家FP養成塾ブラッシュアップ研修
ロープレ研修見学会

ファイナンシャルプランナーとして独立をする場合、相談業務は外すことができない必須業務です。
しかし、独立を志した場合、「何を話したらいいかわからない」「どのような相談の進め方をすればいいかわからない」といった話をよく聞きます。

実務家FP養成塾では、FP知識を面談の際にどのようにお客さまに伝えるかを大きなポイントの一つとしてトレーニングを行っています。

面談の際に使用するツールの提供は当然ながら、どのようにしてツールを元にアドバイスを行うか、をロープレ形式で習得して頂いています。
201304n.jpg
相談を上手になるには面談回数が重要になってきますが、お客さまを実験台にするわけにはいきませんので、実務家FP養成塾へのオブザーバー参加やブラッシュアップ研修を用いて模擬面談により面談回数を増やしていき、実際のお客さまとの面談をスムーズに行えるようにサポートをしています。

今回は定期的に開催しているセミナー形式ではなく、塾生のブラッシュアップ研修を見学いただき、FP相談を模擬体験していただきました。